太陽光発電投資が何故最強になったのか?

太陽光発電は最強といっても過言ではない事業であり、様々な優遇が受けることが出来た。

・グリーン投資減税2016年3月末までは即時償却100%が可能だった。

・中古案件が上記で償却終わった利回りが良い中古案件が出ていた時期があった。

・中小企業経営強化税制を受けれて、日本政策金融公庫の金利の優遇も受けれた。

・融資が緩くお金を比較的簡単に貸してくれる。信販会社と地銀、日本政策金融公庫。

・先端設備等導入計画・固定資産税優遇特例措置・・・地域によって固定資産税半分だけどゼロが多い。

・株式や債券、コモディティ、不動産などと違って資産の大幅に減るようなリスクがなく20年間の収入がほぼ約束されている。

・ど素人でも気軽に参戦出来るなどのゆるゆるふわふわの抜け道だらけの温さで、50kW未満は異常な位優遇されている事業となった。工作物にあたるため、厳格な規約がないに等しい。

・改正FITもそれほど厳しい内容ではなく、電力会社などの立会など電力会社によってないところもあったり、結局、敷地内に立ち入ることは出来ない、また、やる気があるのかないのか?時間がないのか?ここでも厳格な取り締まりなどはなかった。FIT価格の持越しが出来た(対策済み)。知らない人の土地に勝手に太陽光発電の権利の申請が出来る謎の抜け道とかがあった。沼地や道路、意味不明な場所にも平気で申請などがされてた。

・建築の方法によっていくらでもコスト削減が可能で、単管杭など簡易な施工方法でも特に問題はなく、引き抜き試験など、無視した事業などもあり、逆に言えば投資家にも利回りを確保できる案件が多かった(災害時にどうなるかはこれから時間の経過とともに明らかになる。)

・1基売れば200~300万程度販売店は儲かる。・・・ここはFITの価格帯によって店側の利益は大きくなる。

・個人投資家は土地を仕入れたら色んな業者に見積もりをもって最安値の業者を選ぶ権利があった。ただし、地雷業者も存在するのでその企業の噂やホームページ、問い合わせた際の反応などで判断する。

・年間の施工費がどんどん低下して、想定以上にパネルの性能が大幅に向上して価格が落ちたのでFIT価格が低下してもカバー出来た。

・地震保険と津波保険を除いてたいていのことは火災保険(動産保険)でカバー出来て、なおかつ比較的保険金額が割安だった。自賠責保険も同様。休業補償の保険も充実。

・頑張れば頑張るほど、報われる可能性が高い、再現性が簡単で成功してしまう。

最大のリスク

・近隣住民の反対

・FITの改正などで設備認定が大幅に遅れて、変更申請も出来ない時期などがあった。ルールの改正で分割案件が急にNGになるなど後出しじゃんけんがある。・・・が、ここらへんは常識的に引っ張りすぎて欲をかくと失敗するのでギリギリを攻めすぎると後で痛い目にあう。パネル増設なども突然締め切られる。(私は間に合いました)

・業者がオワコンだと酷い目にあう。(長い期間苦痛と隣り合わせになる)

・ある程度は自分で確認して、手続きを行いミスがないようにカバーする必要がある。

・ミサイル、隕石、紛争などの保険が適用されない。

・パネル業者、施工業者の計画的倒産、持ち逃げ。

上記のような中で、利回りが10~15%と確保出来て、場所を選ばなければ(津波エリア)20%をたたき出すことも可能だったと思う。実際自分の表面利回りで18%をたたき出すことが出来た。(フェンスが必要になり利回りが低下、防草シートも使用したらさらに利回りが低下)
20年後もFIT5~10円で選ぶ権利があれば土地の固定資産税をPAY出来て、黒字を確保できる。
パワコン、パネルの耐久性が、現在も更新中なので現在の科学で作られたパネル、パワコンがどの程度持つのかは40年以上は持つと推測される(パワコンは稼働部分なので部品交換必要・・・ファンの交換が必要な三相パワコンは10年で交換を推奨)。単相の内部ファンは不明。

佐倉ソーラーセンター・・・稼働開始:1984年8月(35年経過)、出力:43kw、劣化率:13%前後

上記の太陽光発電が稼働しているので投資をしても大丈夫!!!だと考えた人も多いと思います。過去に成功しており、継続的に事業が出来ており、超長期で稼働が可能。色々なサイトで太陽光は儲からない、失敗する、叩かれたりする記事、you tubeなどありますが、それは注目を浴びると儲かるからであり、特に何も考えず批判するだけなら簡単にできます。

色々な記事が適当に書かれて、正しいこと間違っていること、様々な情報がネットに掲載され、どれが正しいか分からなくなるかもしれません。実際に自分で行動して色々な業者に相談したり、シミュレーションなどをもらったり、同じことをしている投資家にアドバイスを聞くことでリスクを少しでも回避できると思います。

話がずれてしまいましたが、太陽光発電は買い取りが確約されており、広く国民から負担をしている形で成り立っています。ドイツなどパネルの高い時期などで微妙な時期もありましたが、コストの低減に成功した太陽光発電は失敗する可能性はかなり低いです(レバレッジを効かせないとリターンが少ないけど)。

水力、洋上風力、蓄電池、まだまだ可能性があると思うので、今後もマーケットがどのように推移するか見守っていこうと思います。

太陽光発電の勝者は電力抑制されない地域?

九州電力の14円案件で利回りがかなり良い物件が出ているにも関わらず物件が売れてない状況が続いている。私のエリアは関西電力と中部電力と安定した地域のため利回りが良い物件はすぐに売れてしまう・・・

・・・このブログ書いているときに太陽光発電の良い物件出てきたのに気が付いた。
今日はここで辞めて明日電話で業者に朝一問い合わせないと!!

・・・というわけにもいかず気を取り直して続けます。・・・結論。電力抑制エリアは今後もさらに厳しくなる。中電、関電、東電は勝ち組。中部電力もそのうち厳しくなる・・・と思うけど、多分大丈夫なんだろうな・・・問題は九州だけだと思うけど、蓄電池で解決するのも時間の問題か?

いずれにせよ、上記の太陽光発電問題で将来水力発電の優位性と蓄電池の活躍がますます期待できる。蓄電池投資案件とかそういった面白い投資も出てくるのだろうか???

てか、現在FIT通さずに売電出来るの???そしたら何円で売れるのだろう???いろいろと疑問がわいてきますが、いずれにせよラストスパートの太陽光発電。

土地の仕入れとかやれば出来たのにFXと株に夢中だったり、仕事してたり、調子悪くてメンタルが不安定になって土地やっぱり良いですとか断ったり(年利15%案件複数)・・・本当に病気がなければ、また、相場に左右されてメンタルブレイクするときが重なったりと、運がなかった点もあり、ここらへんをしっかりとモチベーションを保って乗り越えることが出来たら違う目線がもう少し出来たのかもしれません。出来ていないので今の目線で見れるということにもなりますが・・・。

とはいえ、現在でも同じような過去をたどらないように努力して最善をつくすことが重要であり、投資仲間を増やしたり、相談できる人たちを増やしたいとだんだんと考えるようになってきました。一人でやるには限界があります。コミュニケーションが取れない状況が続くくらい調子が悪いときがありましたが、借金を返し終わってプレッシャーから解放されてから調子が戻ったような気がします。

今頃のこのこ突然ブログで偉そうに書きやがって!!新参者が!!!出直してこい!と言われるかもしれませんが、粘り強さとあきらめない精神、一度は死にかけても蘇って成功してきた経緯があるので、いつか太陽光発電のブログでトップをとることになると私は確信していま・・・せんwww

・・・無理無理(´・ω・`)上位ブロガーのユーモアのある文章力と考動力と意志。いやーあいつら半端ないっすよ・・・言っといてや・・・(´・ω・`)出来るんなら・・・これからも太陽光発電を応援しよう!!(不動産投資どこいった!??)

パチスロの必勝法(過去形と現在の手法)から学んだこと。

パチスロの必勝法など存在しない!と言ってる人は情弱な人で今後も一生勝てることはなく、養分として勝者の餌食となるでしょう。

これは投資の世界でも同じで、知識のないものは手数料、信託料金、アドバイザー料、無駄な税金、アルゴリズム、仕手株、ストップロス狩り、フラッシュクラッシュ、瑕疵物件、ありもしない攻略法(再現性不可能)、粉飾決算、特別損失など上げたらきりがありませんが多くの罠に嵌められて退場することになります(リターンが少なくなる)。

投資において再現性のある手法はそのときの相場や状況によって通用するときと通用しないときがありますが、パチスロも例外ではなく、天井やゾーンが強い台、店の設定イベント、期待値が高い台を打てば必ず勝てる。といった時期が存在しました。現状ではパチスロやパチンコも変換期となり、パチンコは天井が設けられる可能性など変化が見られます。

ただ、スマートフォンなどの普及により情弱がなくなり、誰でも気軽に優良な情報が手に入れられる状況となり、期待値の高い台を打つことが容易にできなくなりました。雑誌などの情報、ガラケーでの情報収集などフルに活用して、ひたすら店のデータを収集(期待値の高い台・・・リセット後もゲームを引き継ぐ台のデータを全てガラケーに台番と回転数を打ち込む)、大当たり後の台、天井が近くリセットされる可能性が高い台、その他、イベント日とその当日に何の台に設定を入れていたかチェックをするなど、全盛期は8店舗ほどチェックして1時間くらいかけて下見をしていました。

大学時代、大学院時代で原付で4万8千キロ走っていたのはパチンコ店をぐるぐる周っていたらこれだけ走ることになりましたww

とここまでなら普通の人がやることなのでしょうが、ここで私の店に朝一から並ぶときにやっていたこと。これが普通の人と全く違うことをしていました。読んでいた本・・・ウォーレンバフェット、ピーターリンチ、フィリップフィッシャー、会社四季報をかばんに入れて入店までひたすら読む。

・・・変人です。完全に頭のねじが飛んでます。付箋をもって四季報にペタペタと張っていきます。当時20歳くらいのとき。講義もさぼったり、だいへんを頼んでパチスロへ直行。さくっと稼いでひたすら株などチェックする。まあ、こんなことを繰り返して当然どんどんお金が貯まる中で、ひたすらお金を稼ぐ理由も自己紹介に書いてある通り、将来的にお金が必要となることが分かっていたこと、また、当時は楽しかったこともあり続けることが出来ました。

現在のパチスロで稼ぐことは非常に困難であり、かつ、勝てる金額が少ないという三重苦のようになってます。こういったことは将来わかっていたことなので、様々な方法でお金を稼ぐ手段を確立する必要は時間の経過とともに感じることになりました。

同じような感覚でFX、太陽光発電も時間の経過とともに優位性がなくなる傾向にあり、いずれにせよ最初のときは勝ちやすい=情報が浸透してなく、必勝法が使えるときは勝てる。みたいな感じです。

株、不動産は若干異なり、昔からずっとあり、情報収集をしまくれば勝率が徐々に上がるような。ただし、相場が過剰流動性状態で、割高な状況では損をする可能性が高くなる。という難点もあります。

では2020年現在で最も優位性の高い投資は何なのか?
それは個人の属性によって異なるので難しく、常に情報のアンテナを立てて、勝てる!!!これならいける!!!といった投資先を見つけることが投資だと思います。

どこかのクラウドファンドなどといった楽して儲けるなど言語同断で、どこかで破たんしたらそこで終わりなので、投資先としては不適格であり、避けなければなりません。知識があれば、それだけの利回りを確保出来るなら銀行から融資してもらえよ!ということでお金を貸してくれないような事業だからこそ、それだけリスクがあるということです。
・・・まあ、スルガスキームや一部の銀行などはめ込みもあり、信用のない人にも平気で貸す時代もあったわけで・・・そういったどう考えてもおかしいと気が付くことが重要で、自分の考えを持たず、期待値が分からない場合は知識を蓄えて理論武装出来るまで待たなければなりません。

私の投資レベルはどのくらいなのか?身の丈にあった投資をすることで、コツコツと資産を形成したいと思う今日この頃です。

100%勝つ方法(小さなことからコツコツと) 三井住友カードとAupaypay スキーム

現在三井住友カードの発行で6万円使用すると12000円キャッシュバック(限度額)があり、そして2月10日からau paypayサービスで20%キャッシュバックが行われます。両取りヘップバーンで当然ガッツリ両方とも美味しくいただくため、申し込みをして三井住友カードからau paypayに入金しており、6万円までなら合わせ技で40%オフ!!限度額の関係などいろいろありますが、また、ペイペイなどキャッシュバックなどホットな話題などたまにあるなどそういったものを利用して、少しでも節約を心がけることが重要だと思います。

防草シートなどは訳ありの防草シート350Gを利用(すぐに売り切ればかりになるので出てきたら限度額までとりあえず買ってストックする)&キャッシュバックを利用してポイントを最大限利用。100万単位でかかるものなどは徐々に購入すること、自分で施工することで大幅に経費を削減出来ます。

けちけちと食費を減らしたり、支出を減らすことは意味がないなどそういった古い概念は消滅する時期であり、現在の時代にあった適切な利用方法を駆使することで、さらなるリターンを得るチャンスを得ます。

ただ、得した分を無駄に浪費すること(資産とならないものを買うこと)は、負の連鎖につながることになるので、一定の水準までは我慢する必要があります。時代に沿ったお金の使い方を学び、適切に使用することで将来の資産の形成に大きく変わることがあります。

毎日使用するお金。これに対して少しでもキャッシュバックがあることで塵も積もれば山となる。皆さんはキャッシュレスを使いこなせていますか?

時間がなく、面倒な節約をするより大きく稼げる人はやる必要はないかもしれませんが、金欠、微妙な局面の方はシビアにする必要があるのではないでしょうか?こういった小さな積み重ねは誰しもが最初は通る道であり(金持ち家系は除く)普段の生活の中でも経営をしている気持ちでのぞまなければ将来大きな資産を築くことは出来ないと思います。

正直楽して儲かる!勉強しなくても大丈夫!!みたいな投資は残念ながらなく、リスクはそれなりに発生してそれに対してどの程度保険を効かせることが出来るか?採算は十分に合うか?継続性はどの程度あるか?など様々な要因を分析しなければなりません。クレジットカードや還元性の高いキャンペーンなど小さなことでも、長期的な目線で見たときに常にこういった考動することが出来れば、最前手を打ちやすくなりいつか、藤井颯太先生のような勝率を誇ることが出来るかもしれませんね(・・・無理です)

今後の太陽光発電はリスクだらけ?リスクとは自分が何をやっているかよくわからない時に生じる(ウォーレン・バフェット)

高圧太陽光発電FIT12円50~250kWは規模が大きいですが、キュービクル(変圧器)の設置、電気主任技術者を選任し届け出、維持及び運用に関しては第一種電気工事を選定する必要などとにかく面倒。
・土地も広いので場所を確保するのも大変ではないかと思います。
・一か所に大規模な発電所を作ると災害時に保険で対応できたとしても、リスクが大きいのでは?津波エリアは絶対に不可。
・銀行からの融資を引っ張るのが難しそう。
・維持費管理高い。
・土地を自分で仕入れて何とか出来る。

小規模事業用太陽光発電は、2020年度のFIT認定時の自家消費計画や運転開始後の取締りで求める「自家消費比率」30%以上を要件として認定し、調達価格の設定時における自家消費比率の想定値は50%
・工場、学校などに設置する第三者によるフリーソーラー(屋根を借りて投資)が出てくる?
・利用できる箇所が限られており、価格競争が始まらず業者に足元を見られて設置費など高い状態をキープされそう。
・個人でやるには無理そう。

低圧太陽光発電(10~50kW)FIT13円のソーラーシェアリングが有利?
・農地転用10年としても本当に農業を続けてくれるのか???
・ソーラーシェアリングの設置業者の少なさ。
・設置費用が高そう。
・農業やってる人とコネクトしてくれる紹介業者が出てくる?

・・・・・(´・ω・`)!?アカン・・・これはアカン奴ですよ。

何だろう今までのゆるゆるふわふわ低圧太陽光発電から一気に厳しくなって急転直下ではないですが、血の涙もないような状況に陥ってしまったような気がします。低圧太陽光発電は個人でも気軽に参加出来て、融資も引っ張れて投資を出来る人は皆ハッピー!!みたいな感じだったのに・・・電力業という敷居が高い事業に参戦出来るという!なんという幸せな時期は終了して、これからは電力会社にどんどん有利なような状況になっているのは気のせいでしょうか???

地主で農業が自分で出来てすでに利益を上げている方にとってはソーラーシェアリングを通して天下とったる!!木下藤吉郎もびっくり!!秀吉になったるで!!!みたいな感じも出来るかもしれませんが・・・
土地も持ってない、農業のノウハウもない、知識も業者も少ない。
どうしてなんだよおおおおおお!!!(藤原竜也)

ほかの天才的な太陽光発電ブロガー様を参考にしながら、ファーストペンギンを目指すのではなく、みんなが成功し始めて、ゆっくりとスタート!!再現性が出来る太陽光発電が確立されるまでゆっくり待つ!!!

これが私の太陽光発電の今後の必勝系ですw
リスクとは自分が何をやっているかよくわからない時に生じる(ウォーレン・バフェット)

双極性障害の恐ろしさと不動産投資(リスク大)

結論から言うと双極性障害になったら人生が終わるレベルで大きく生活が狂うことになる。今日は不動産の下見をする日にも関わらず、目が覚めたのは不動産会社からの電話で起こされる・・・
➡買付を打診されてるかたがいたので、今回は諦めました。

調子がわるいときに判断をするとろくな結果がでないので・・・目覚ましを普段15回程度かけて寝てるのだが(目覚ましかけても起きれないときがあるため)、最近調子が悪いこともあったためか、生活が不規則となり起きることが出来なかったようだ。

普段の生活において、仕事をしている人にとっては定時に起きて、普通に仕事して・・・ということが病気になると出来なくなるときが多くなる。休職➡復職を7回ほど繰り返して、私の場合吐き気が凄くて一日に何度も嘔吐する症状があった。通算ゲロ数は驚きの1万回以上。胃カメラで調査するも異常はなし。

ではどのような時に吐き気が出たか?

太陽光発電で2000万お金を使ったとき、FITと改正で太陽光発電工事が伸びまくってパネルが廃盤になって1年以上待たされる状況になったとき、不動産の売買契約をしたとき、株で信用全力で1億近くポジを持った時、決算ギャンブルで1000,700,400,250万円負けたとき、株で2200万勝ったとき、FXの雇用統計前、5分で100万負けたとき、中国株で2000万以上損失を出したとき、FXトレードバトルランキングで全国10位以内を4か月キープしたとき、東日本大震災が起きたとき、日本政策金融公庫からお金借りたのにお金を返すだけで収入が微妙な感じだったとき(この結果お金を全て返してしまい、貯金が450万しかなくなりましたが、そのあと株で増やして成功・・・結果オーライ?)、面倒な上司や面倒な人たちと話さなければならないとき、夏の暑い時期に除草作業を一人でやってたとき(現在は防草シートざばーん350Gを設置して特にやることなくなりました)。

つまり、心的に大きな負担がかかるときに症状が出ることが多く、しかしながら何もしてないときに自転車こぎながら吐くときなど多々ありましたが、それはポジションを持っていたり、常に頭の中で考え事をすることが多く、投資、仕事のことなどで頭が痛いときが多かったからだと思う。

まあ、そんなわけなのに不動産に投資をするという本末転倒的な状況に自らダイブしようとしているわけですが・・・皆様のお力を借りつつ、少しずつ知識を手に入れて成功したいと思っております。

・・・今日は不動産の営業の方々、ほんまに申し訳ないです。結局一日ぐったり寝て過ごして終わってしまいました(´・ω・`)

今まで幸運(投資をしたときに期待値が跳ね上がる時期と被ったとき)に恵まれてうまくやってきましたが、ラッキーパンチが何度も当たるわけではないのでこれからの投資をする上で、病気とうまく付き合いながらやっていきたいです。

カウンセリングに行ってきた!今後の投資方針など

最近睡眠サイクルが崩壊して調子が悪かったので一か月に一度のカウンセリングに出向いた!
現状で会社の仕事が自分に合っていない状況で色々な事業をしているので、やりたいこととやりたくないことが混ざっている状況が続いているのでメンタルが安定しにくい。
自分のやりたいこと、今後の数年後の方針、家族(両親、兄)のこと、明確なビジョンなどがあれば良いが、現状で太陽光は変革期、FXと株からは撤退、不動産はやり始めたばかりと・・・

働かなくても何とかなるレベルなのだが、そういった方向で考えたことが皆無で常に何かをしていないと落ち着かない・・・いや、機会損失を恐れる傾向にあるので、勝ちに行ける投資はリスクヘッジをしながらでも逃したくない。

時代とその時の情勢によって期待値が跳ね上がる投資が出てくるのは、優位性が確保出来て再現性がある事業投資があるからだ。勿論トッププレイヤーよりリターンは落ちるが、そこまでのリターンを得なくても長期の目線で見れば資産は確実に増えていく。

明日は不動産の内見をする予定だが、前日寝れなかったので熟睡してたら不動産屋からの電話で起こされました。
水準器、レーザー機を忘れないようにしないと・・・前回袋に入れてそれごと持ってくるの忘れたのでw

自己紹介(双極性障害Ⅱ型持ち太陽光発電オーナー1985年生まれ)

パチスロとFXと株に右往左往されながら何とか太陽光発電で成功して社畜(年収350万円)をしながらこれからどうするか???
240kW程度’(FIT24円×2基、36円)稼働(残り14~19年)して、日本政策金融公庫の返済も完了して無借金で現在貯金1400万程度。
徐々にブログを更新しながら成長出来ればと思います。

ここまでお金が増えた経緯として、パチスロ、FX、株の攻略法が存在したのが要因です。その時の相場と証券会社の対応が遅れたり、ネット上にない攻略法など期待値を追いかけて資産を順調に増やせました。

太陽光発電に関しては反則的な期待値が叩き出されており、多くの投資家が旨さを味わうことが出来ていると思います。・・・が私の場合、突然買い取り価格が変更になるのでは?ルールが突然変わるのでは?と疑心暗鬼になり、イケイケどんどんで周りの太陽光発電のブロガーがバンバン購入しているのをじと目で眺めつつ・・・
低圧FIT完全終了のお知らせが届いて、このタイミングでブログを開始しました。
結論・・・もっと買っておけば(´・ω・`) 土地仕入れて設備認定だけでも取れたのに・・・
結局やっておけば良かったと今頃になって後悔の念がじわりじわりと押し寄せて来て、なら不動産投資(死亡フラグ)!!!俺なら逝ける!!!と思い開始した次第であります。

ちなみに私の過去最大の年度の株での損失額は2011年・・・24歳-2400万(3700万円➡1300万円2011.3.15ここが私の資産の底付近、地獄は2011年1月から開始されてたんですけどね・・・)
500万単位の爆損は幾度も経験して途中でこれ勝てるんじゃね???必勝じゃね!?みたいになって、攻略法が長く使えた時期がありました。

今思えば大学院卒業した時点でえげつない資金があったわけですが、就職して人間関係が悪いし、兄も当時は強迫性障害が悪いなど、色々重なってからの~~~東日本大震災からの~~~~原発ドーン・・・(´・ω・`)
死人に鞭打たれてる感覚でしたよ・・・休職してリアルタイムで相場とかも見てたので・・・
自分が双極性障害になってから人生が狂い始めてからの壮絶なストーリーが今日から始まります。

あ、これ全部実話です。
躁鬱病、太陽光発電、不動産、FXのこと。
投資を今後どうするべきか?など色々書いていこうと思いますので、生暖かい目で見守っていてください。