株式投資で周りに相談しては駄目な理由。

相場において周りの人にこの銘柄どうかな?と聞いては絶対ダメです。

なぜならその人の投資家としてのレベルは私より遥かに劣るもので、雑魚投資家ばかりだからです。

そして億トレになった投資家でも運の要素で成り上がった人もいるので、油断大敵。

すこし質問して・・・あっ駄目だと思う人も多くいると思います。

FXは典型的で運要素ばかりの人ばかりです。

株のファンダメンタルズ分析は長年の情報の蓄積と分析能力、センス、先読み。

一目で見ていけるかどうか判断できるレベルまでに到達しないと大抵負けます。

もちろん地合いで助けられる可能性もありますが・・・

結局10年以内には確実に退場します。

ETFも同じで、どこで入るかによって大きく収支に影響します。

まあ、ETF買う人は思考停止してるので論外ですがw

とにかく私レベルの人は絶対に周りに助言を得るのではありません。

買おうとする会社のIRにひたすら鬼電をするのです。

これしかありません。

巧みに褒めまくって仲良くなって、友達レベルまで到達するようにこころがけます。

他人はどうでもいいのです。何の役にも立ちません。断言します。

会社の中身をよく知ってる人に聞くのが一番なのです。

ようするにインサイダーみたいな状況に近づけるのです。

第六感を発動させて回避する能力も必要です。

言葉の会話の中で引っかかることに注意しましょう。

くだらん株情報などには耳を貸さないようにしましょう。

ただ、仕手筋がいるか?インフルエンサー対象銘柄か?くそブロガーがあおってないか?Twitterなど、こういったことも当然考慮します。

こいつらがいると適正な株価ではない可能性が大だからです。

これは今から投資する自分自身への言葉でもあります。

もはや私よりレベルが高い投資家にあったことはほとんどありません。

運の要素でたまたま成り上がった奴らばかり、リスクとりまくったやつら。

そんな奴らに負けず地道に築いた知識能力を発揮するときが来ました。

1000社分析してゴミばかり。

なんだこれww

2社くらいしかない件。

残り5000社位?

マジで黒田バズーカー何だったんだ?

持ち株会の奴ら全滅しててワロタw高値掴み大損w

決して躁状態ではないですよ。

だって事実ですから。

ありのままの事実を受け入れて前に進む。

過去はどうでもいいのです。未来を見据えましょう。

昨日の夢は今日の希望であり、明日への現実である。

今の相場で寝たら負け

必死こいて永遠と株の分析してます。

・・・はい。私こう見えて努力家なんです。

しかしあれですね・・・株調べてるとゴミみたいな企業にわんさか投資して凍死してる人達が多いですけど・・・

あれは何なんですかね?

毎年新規参入勢が犠牲になってるという形はいつも通りなのだろうけど・・・

ファンダメンタルズ分析敵に尋常じゃない位たかい銘柄が多すぎる。

IPOが特にゴミばかり。

上場ゴールで目が金に目がくらんだとしか思えん株価でスタート。

案の定ほぼ全滅。

日本人投資家は馬鹿しかおらんと思ってたけど、やっぱりまだ馬鹿のままです。

その馬鹿達のおかげで儲かる。

株のブロガーとか有名どころ、インフルエンサー。

少し調べてるうちに手口が巧妙化してて笑えました。

太陽光とか不動産組でだまされる奴はおらんと思うけど、みんなも注意してね。

Twitterでフォロワーとか簡単に稼げる方法もあるし、you tubeも同じく。

ブログもそう。

マジで今回のコロナショックでトリプルパンチ食らった奴ら・・・ありがとう。

美味しく下でいただきますね。

太陽光発電の収入で無限ナンピンしほうだい。

計画通り!!

まだだ・・・まだ笑いをこらえるんだ・・・

太陽光発電のリスクヘッジ最高だったね。まあ、わかってたからやったんだけど。

この程度のことを予測できずして賢明な投資家とはいえませんよ。

ここで太陽光成金ごときに負けるわけにはいけません。

格の違いを見せつけるときが来ました。

正直、大したことない、同じような同業種となあなあな関係を続けても意味がないですよ。もう太陽光はオワコンなんだから。

ま、楽な商売だったわ。

これからは時代は企業を買う時代。

一部、超有能なブロガーはいますが、防草シートとか設計施工すら適当な奴らに負ける気は全くしませんね。

よく借金背負って何が起こるか分からんのにやる気になるもんですよ。ただ、結果オーライだっただけ。

本当の実力を見せつけたければ株に挑戦しよう!!!

喧嘩売りまくってくブログに変更します。

ブログの

株式市場総評

ようやく市場が現時点での適正なレートに収束しつつあると感じる。今回の暴落の件に関してはコロナウイルスが発端となり、実需に大きく影響すると予測されやすく、表面化しやすいといった点で売りが早い速度で先行し、アメリカで発症者確認で本格的なパンデミックの到来も視野に入った。これにより、イタリアではリセッション入り確実など、全世界に大きく波及することが予想される。

各国が必要な対策を取る中で経済が困窮するわけだが、今回の大暴落が一過性のものですぐに収束して、季節性のウイルスとなるのか?それとも暖かい季節が来ても収束せず、最悪の方向に進むのか?不確定要素がかなり大きくなってきたのも、今の相場を反映しているといえる。

しかしながら、企業の予測見通しが出るのが、5月の決算の時に来期の予測をたてる、そういった中で、どの業種がどの程度渋い予想をしてくるのか?第四四半期の決算にコロナウイルス影響が反映されるか?時差がある程度あるので、そういった点も考慮してかなり注意して業種や銘柄を選択しないと決算ギャンブルをするとかなりのリスクを背負うことになる。

よって業績が修正される可能性が出てくる1か月前、4月5日前までのポジションであれば直撃を免れる可能性が高い、3月の底がどこになるか分からないが、一度大きくリバウンドが来ることを前提であれば、一度くらいはチャンスをつかむことが出来ると思われる。4月に入ってからのポジションを減らすことも考えれるが、複数の銘柄に分散して、乖離率が高くリバウンド出来る銘柄を拾う、進捗率に関しては高いほうが決算直前に上昇する可能性があるので優位性が高くなるかもしれないが、来期の予想が不明になる可能性が高いので、決算の持ち越しは避けるようにすること。

流動性に関しても、今回の暴落で時差で大きく下げている銘柄が見受けられるのでこういった遅れてる銘柄をあとで拾う。

セクターごとの大幅な乖離を見て、ファンダメンタルで割安で、配当性向が高い銘柄を選択する。

株主優待の権利落ちに注意、必要単元数以上ポジションを取ると損をするため。

為替に関して、ドル円が主体となって大きく動き始めたが、100円を示唆する可能性がある。フラッシュクラッシュが現状で発動していないが、どこかで大規模な仕掛けが入る可能性がある。実需に基づいたゆったりとして売りが発動して、先物でいきなりリスク回避、仕掛けなど、環境はかなり整っていると思われる。こういった中で大きなポジションを取ることは、仕掛けの際に大きくロスカットされる可能性があるので、逆指値は必ず入れて、土日は持ち越さず、常に損切りを入れて、無理のない範囲でポジションを取ること。

3月の雇用統計に悪影響が出た場合、現状で安全資産の円が買われているため、ドル円が円高、ダウが戻しても日経は戻さないといったことも予想される。

太陽光発電のエースが株式市場を語る

私、こうみえて株取引であれば太陽光発電投資家の中でもぶっちぎりの一位でしょう。

信用取引悪化銘柄に止めが入る可能性が浮上。本日から3日後に追証としたら、来週の火曜日に崩壊or買い支えで大幅なリバウンドに警戒。

しかしながら前回のダウ4000ドル落ちの時はしばらく横横してストレートには落ちず、買い場と見せかけたフェイクからの暴落で12月23日位に大底。

最安値更新記録が続いており、本日のダウ市場すでに先物が下げ気配、25000ドルを警戒するべきか?

MSQが3月15日、売り続けることで利益が膨大になる。ということで3月反転説?

しかしコロナ収束が見受けられない←長引くと仮定して6月のMSQから反転?

5月に決算出尽くしで閑散、第一四半期に注視、決算予想が良い銘柄があがるか?悪い予想が上がるか?セクターは?消費関連の銘柄に陰りの可能性。コロナによる。 オリンピック不発←景気低迷説がコロナによって最有力

9月MSQからの12月MSQクリスマスまで伸びたら???大幅なリセッションに警戒の年?2019年は過去最大の上昇。

まだ、阿鼻叫喚といった感じはない。ただし、一部銘柄で大幅な乖離が生じている。ここは冷静にキープするべき銘柄の選定を行うべきか?←SBI証券復活不可避。

セクターの乖離を見ること、決算の直近の進捗率の推移、現在なら5月決算に向けてと来期の予想も考慮する。信用買い状況、仕手筋の有無、為替の影響、資材、用材、貴金属など。 株主優待に伴うクロス。

今回は内需の株にリスクが発生する&外需も。輸出入で食品の制限の可能性は? アメリカの10年債利回りと為替の動きが謎。原油下落傾向。

IFISでとりあえず進捗調べて、いつも通り冷静に。

仕手株のようなアクセス数と現実の仕手株

突然・・・それはやってきた。2/18にブログアクセス数が1300!!!

これを仕手株の株価の動きのように考えると。2月6日~14日にかけて株を仕込みます。そして17日に引けにかけて値段を釣り上げて、18日に出来高を多きくするアルゴリズム主体の反対売買も入れて、とにかく投資家を集客します、この間に徐々にポジションを減らしていきます。引けに後場の引けにかけて全力で撤退して一丁上がり!!!

まあ、この間に高度な戦術が背後で繰り広げられているのはもちろんです、教祖的な存在を作ってインフルエンサーのようにさせます、Twitter、ブログなど投資てあらゆる手段を用いて参加者を増やします。実際に損を承知で最初は実績を作ります。ある程度、再現性が高くなった時点でカリスマ性の高いところを採用したブログ、Twitterだけ残して、失敗したところは全て削除します。(余談ですが、炎上したyou tuberの偽アカウントのTwitterなどでプレゼント企画などを作って顧客を集めてしばらくしてから、金融商品とか詐欺まがいなのをすすめるアカウントに変わるのには笑いましたwあらゆる手段を取ってでも人を集めることが重要だと再認識させられますよね)

仕入れた株数によってどれだけあがるか分かりません、今回のブログのアクセス数でいうとかなり大規模な仕手筋になります。資金力がないところは失敗して損をすることもありますが、近年はネットの情報が拡散されるのが早くなり、失敗しないような感覚があります。

典型的なブロガー有名どころでいうとセカンド貯~~~男さんですかね。彼は2010年位から見てきましたが、段々と酷い傾向になってきて、欲が抑えられなくなってきてるのが感じられます。おそらく彼の眼にはブロガーを見てる人はイナゴで養分程度にしか見えてないでしょう。表面上は色々と取り繕っていますが、やってることは金曜日にアップして土日はさんで月曜日に売り抜けれる。突然、売却して下げさせる(空売りで入れる)ここで利益確定で往復で取る、信者はビンタだけで済む。

まあ、こんなことはざらでTwitterなどでも敵に回したら恐ろしい、個人投資家が大勢いてTwitterの欄から消えたら大暴落、乗せたら暴騰、などそういった方もいるのが現状です。この人はマジで危ないのでそれとなく名前も書くのも恐ろしいレベルなのでこの程度にします。(ここだと往復ビンタも炸裂します)

何が言いたいかというとこういった綿密に長期的に計画して稼ぐ手段を確立した銘柄に手を出すのは非常に危険だということです。支配している人は既にどの程度で株価を動かすか、時期によって撤退などを決めているので、アドバンテージがかなり高い立場にある人には勝てません。かなり組織的な動きがあり、多くの書き込みバイト勢やTwitter(複数利用)など全ての能力をフル動員して彼らはやってきます。

最初はまともに分析していて、良い銘柄を紹介したりしてた人も時間がたってお金を稼ぐうちに人が変わったかのように、典型的な搾取する側にたって利益追求をひたすら求めてしまう傾向にありました。

それほど、お金は重要なもので何度も言いますが、金は命より重いとわかっているからこそ、人を変えてしまうのです。長い間ネットに張り付いたり、ブログをチェックしたり、表舞台に出て来て変化していく人など、様々な人たちの投資手法の変化を見てきました。

スマホの爆発的普及、Twitter、フェイスブック、インスタ、you tube、いずれも近代の技術をフル活用してもっとも効率よく稼げるように立ち回る。こういった能力は圧倒的に優れているかたが多く、身のこなしが凄く軽く、ちょっと前まで書いてた文章は一体何だったんだろう???など突込みを無視してどんどん突き進んでいきます。ここらへんは強メンタルというか、我が強く、私は神だ!!みたいな感じなのですかね?

なんとなく気持ちはわかりますが、そういったことを続けて利益を得て満足できるのだろうか?それでいいのか?などコメント、掲示板で見られても所詮は勝てば官軍!!負ければ賊軍。

・・・え(´・ω・`)!?そういえば突然ブログに表れてるけど、まさか・・・お前も・・・???突然???

ああ、そういえば休職したときに補てんされる休業補償保険みたいなパンフレットが社内であったので、問い合わせました、約束された回答が来ると思うので、お金を稼げることが出来ない人にとって、病気になった後に絶望的な回答がくるという現実も書こうと思います。
あと、カテゴリでちゃんと分けてくれ!という声が天から降ってきたのでシッカリと対応させていただきました!!こういった気配りが出来ることが仕事においても重要になってきます(シュレッダーかけるときにどう使えと・・・)うっ・・・涙が・・・まあ、今日ほとんど寝てたので涎が垂れてたのが正解なんですがw

※上記の記事は全てフィクションで、私の頭の中で作り上げたものなのです(雑魚メンタル)。保険をしっかり打つところが私の良いところですね(キラッ)

おっと、誰か来たようです。
アディオス!!!

株、fxをやっていると分かったこと。

・株のインサイダー取引は横行している。

・投資グループが存在して銘柄の操作を簡単に行っている。

・インフルエンサーの立場を利用して、銘柄の株価を操作している。タイミングを計って両ポジをもって両取りをする。

・アルゴリズムトレードが発生している銘柄が増えて、弱小銘柄でも鞘どりをしてきた。

・個人で鞘を抜こうとすると口座が凍結される。

・大規模なテロ、ニュースの前は不自然な相場の動きが直前に出やすい。

・大規模なストップロスが入るところはかなりの確率で損切りをさせる。

・IR担当と仲良くなると口を滑らせるというか、雰囲気で決算がいいか悪いか?特別損失の予兆などがある程度予測しやすくなる。(3年位話して声で相手がだれか分かるくらいのレベルで)

・イナゴを発生させるために掲示板などを利用してアクセスを稼ぎに来る。バイトの書き込み。

・経済指標も同様に事前に知っている人がいるのでたまに漏れる。T大統領は典型。

・資本金が多ければ多いほど、株価を自由に操作できるので勝ちやすい。仕手戦とか考えると当然。

・資産コントロールが非常に難しい、リスクを取らないと急激な資産増加は不可能。・・・がリスクをとると精神的にかなりきつくなって、成績が悪くなるときが多い。

・ポジポジ病が発動する。

・中国株でやられたあとは損切りが得意になった。

・正しい情報、即効性のある情報をどこで仕入れるのが良いのか分かった。

・個別銘柄のリスク(倒産)があるのである程度、分散して投資する。

・大きな勝負をするのは少額のときだけで十分。500万くらいのとき。

・実践したら全然違う。

・資産コントロールをミスすると一瞬ですべての財産を飛ばすどころか信用取引だと借金を背負う可能性がある。

書いてたらきりがないですが、成功した人はある程度幸運が重なっている人も多く、地合いに恵まれたというパターンが多いです。もちろん、努力して情報収集してるのは当然ですが・・・。今は待つときだと考えていますが、今後どうなるか?誰にも分りません。確実に勝つ方法に分散して投資することが一番良いと思っています。