俺の息子が役に立たなくなった件。久しぶりのカテゴリ双極性障害

実は最近・・・重大な問題が発生しています。

何と・・・私のマイSun がどうしたのか元気がありません。

これは・・・初めてのことで正直戸惑ってます・・・

ここ数日何かおかしい気配を感じていたのですが、今日でこれはヤバいと思い。

ブログに書くことにしました。

体に起きた現象として、下痢が多い、皮膚に謎の湿疹?が出来た(昔薬が会わなかったときも同じような症状があったような?)

足の震え?パーキンソン病のようなカタカタなる(体を横向きになって寝てるときに一定の角度になったときに足が勝手に動き出して一定リズムの震えが止まらなくなる)

とりあえず、心身の体に異常が発生しているのでしばらく取引から撤退した方が良いかもしれません。

睡眠時間はかなり削って、思考が休むときもほぼない状況がずっと続いておりました。

単に疲労が蓄積して上記の症状がみられる可能性も高いです。

一旦休養をしっかりと取って、それから症状が改善されなければさらに休むか、病院にいくなど対応したいと思います。

来週に産業医と病院もあるので、何かしら進展があるかもです。

なお、今週は月曜日以外は忙しくて取引していません(´・ω・`)

仕事もある程度忙しいと地獄だとオモタよ・・・社内ニートとは一体なんだったのか???いや、マジで出来ないと断らないと駄目だわ。全部引き受けてたら当たり前だけど終わりがない。

双極性障害Ⅱについて(本題編2)

リーマスを飲んでる人へ編

双極性障害の救世主、リーマス、これが無いとマジで死にます。冗談抜きに自殺予防をする効果は十分にあります。躁状態を防ぐ点で大きく貢献してくれました。まあ、当の本人は躁状態ならハッピーで矢でも鉄砲でも持ってきやがれ状態になれます。うまくいくことが前提なら放置してたら幸せなまま、人生を終える可能性があるかもしれませんね。まあ、残念ながらその躁状態は突然終わりを迎えるので、そんなわけもなく適切な治療が必要なのです。

リーマスの副作用で私に起きていたこと(薬の影響かどうかは明白ではないです、あくまで私に起きた状況を書きます。)

・手や足の震え(寝ているときに横になって寝ます、足が尋常じゃない動きで震えます。手の震えは昔トランプタワーを作るのが大得意だったのですが、もう作れません。レーザーポインターを持たせたらブルブルでまともに文字を追うことは不可能です。アル中の人みたいな感じですかね、体全体の震えは寝てるときにいきなり全身震えて起きるとかありましたが、これは睡眠薬なのか何なのかよくわかりません、筋肉痙攣などは一度こむら返りが起きましたが、これも寝てる最中に起きましたが因果関係は不明です。)

・吐き気(リーマスの影響かどうか不明ですが、FXと株、会社にいたとき、何もしてないとき、ストレスがかかっているとき、友達と遊んでるとき、SEXしてるとき、すべての条件下でありとあらゆる事態で発生しました。マジで恐ろしいです、この症状のせいで女性と付き合うのが無理になりましたね、吐いたらどうしようとか恐怖観念を持って突き合う(正しい変換)わけですが、もう気持ちわるい吐きそう、マジ無理。となってました。ちょっと何言ってるか意味わかんないと思うかもしれませんが事実なので書いてます。ここらへんをリアルにネットで書いてある文章が見つからなかったので、自転車こいでて吐く、歩いてて吐く、車に乗って吐く、電車に乗って吐く、すべての道は吐くへと続くとなってました)

・倦怠感(文字通りやる気ゼロ。薬の副作用が不明、倦怠感など双極性障害になる前は風邪をひいているとき位でしたね。それ以外によほど疲れているとき以外は発生しませんでしたが、今は当たり前のように毎日倦怠感に包まれています。)

・のどの渇きと多尿(私のお金を蝕み、虫歯になる原因。とにかく喉が渇きます、私の場合毎日コーラ500ml、ピルクルの微炭酸500ml、ポカリ500ml、果物野菜ジュース、その他甘いものを飲む、夏は外で作業したりすると9リットル位飲んでました。はい、調子崩して当然ですよね、というか未だにカブカブ飲んでるので何か将来影響があるかも。トイレに行く回数も尋常じゃないのと間隔も30分くらいでトイレと謎の現象、映画見れません、ええ、はい。2時間トイレに行けないなど正直考えられず、え?おむつ付けて見ろってこと?って感じでした。障害割引使ってもみようと思わないですね、途中でトイレに抜けて、え??話どうなった???ってなってました。飲むの我慢しろよってことですが・・・無理です。)

・複視(そのまんまです、一つのものが二つに見えます。運転怖いですよね?これスマホ見てるときとか意識が途切れてるときに起きる気がします。運転してるときに出たことはないですが、集中してるかそうでないかみたいな感じで思ってますが、車持ってない一つの理由です)

上記がリーマスを飲むようになって起きたことでしょうか?これだけの色々な副作用があるかもしれませんが、それでも飲まないと躁鬱の起伏が激しくなると大規模な破綻を引き起こす可能性があります。うつ状態は危険ではなく、躁状態のときにかなりリスクが発生するので、気分の波を抑える薬として飲んでいます。その他の薬を試しましたが、ラミクタールは蕁麻疹、その他の薬は・・・覚えてません。全部没になりました、お薬手帳は躁状態のときに捨ててしまいました。まあ、それ以外にも捨てたらダメな物を躁状態のときに捨てたりしました。というか破壊とか自傷とか色々ありましたね。書いてたら本当にきりがないですねww

まあ、大体読んでれば分かると思いますが、この状態だと将棋の評価値で言えば-3000点くらいでしょう。もはや、挽回の余地はありません。しかし、私の場合は知識のストックと残されたマネーがあったのでかろうじて復活することが出来ました。 再現性をつくりたいですが、私の再現性しか書けません。お金がない状況、スロットとかで異常に稼げる状況、相場で簡単に稼げるとき、そのときの状態で私にたまたま合っていた。それだけです。ただ、上記のような症状が起きますよ~対策はしてくださいね!という注意喚起は出来たと思います。

え?対策はどうなった???ねーよ。あったら苦労してないから。皆同じように苦しんでるので、なった人は苦しんでください。まあ、敷いて言うなら何もせずに生活保護、障害年金をもらいながらストレスない環境で過ごすとかですかね・・・正直分かりません。 障害者手帳を持っているということはそういうことなのです、障害があるから手帳をもらえるのです。障害がなければ税金の優遇も受けれませんよね?

上記の代償として、障害年金(私もらってないんだが・・・というか貰えないんだが・・・)などわずかなサプライズプレゼントがもらえるわけです。まあ、バスの無料とか、その他色々ありますが私にとってはどれも不必要なものです(障碍者控除は欲しい。助かってる。)障害者手帳と自立支援医療制度、障害年金(障碍者手帳が何級だから障害年金が何級とかもないです。医者の診断書で全て決まります、ここでも相当慎重に申請する必要があり、精神疲弊してる人にとってはハードルが高いでしょう。行政書士など代理で頼むか、自力で頑張るかなど、医者の協力が不可欠です。)まあ、ここでもどう考えても障害年金もらえる人でも申請しなかったり、病気の種類によっては却下などあります。

はい、意味不明です。弱者に容赦ないです。余裕で56しにかかります。 とまあ、こんな感じで病気になったら人生がTHE END 評価値が-5000点位一気に傾く最悪な状況に陥ることもあります。自分の身は自分で守る、逃げるときはとっとと逃げる、仕事なんかどうでもいいのです、あなたの代わりはいくらでもいるし、会社から見てもいてもいなくてもどうでもいい存在なのです、その程度で考えてやばい事態なら逃げましょう。

昨日から書き始めた双極性障害シリーズは、昔の私に向けるメッセージのようなものです。多分これがあれば相当救われたのは間違いないでしょう、当然ですがwwつまり、今苦しんでたり、今後苦しまれる予定の方々(このブログが継続すること前提なら100%このブログにたどり着く)がここに来るかも知れませんよね? 見てる時点で正直、心中お察しします・・・になりますが、強く生きてください。もう死にたいという気持ちもわかりますが、何とかこらえてください。身内ならありとあらゆる手段を使って病院に連れて行ってください。このブログ見せたらこいつヤバい、俺も似てるかも。となるかもしれません。というエピソードを書いていきます。

分けわからん状況に陥ってそのまま来世みたいな事態は避けて下さい。パニックならデパスを飲みましょう、眠剤飲んでとりあえず寝ましょう。とにかくあなたは疲れてるので早急にすべてのことを考えるのをやめて適切な薬のんで休んでください。何もしなくていいのです。それがあなたの最善手です。 しばらくしてから行動できるようになるかもしれません、出来ない人はもう少し待ちましょう。それでも動けないなら、障害者手帳など、障害年金の準備を誰かにしてもらいましょう。 誰かに助けを求めて、見当違いな答えで混乱することもあるかもしれませんが、あきらめないでください、きっとどこかに答えを出してくれる人が必ずいます。 何が正しいか正直よくわかりませんが、一生懸命書きました。

by 未来の私より・・・追伸、やっぱりお前はすげーよ、結局成功するんだから。あんなに苦しい状況でも諦めずに歯を食いしばって(本当に奥歯の歯がガタガタになるくらいかみしめてたww噛みだこが出来てたしなww)やってたもんww。お前がナンバーワンだ。

震える手でまたまた後悔ボタンを押すことになります。ええ・・・はい。何だろう・・・これ罰ゲームか何かかな?

双極性障害Ⅱ型について(本題編)

・太陽光発電、不動産関連から来た方はこの記事はスルーしてください。時間の無駄になるでしょう。多分、理解しているはずのことで、普通の人は出来て当たり前なので。

はい、前回ブログの方針を書いて双極性障害Ⅱ型を書く!!みたいな意気込みはどこにいったのか・・・頭の片隅でこの時期は心身が悪くなりやすく病気について色々書いてたら悪い方に引っ張られるのではないか?と思ってました。

見事に予感が的中して、昨日祝日でしたが寝込んでいました。そして起きたのが今、1時12分ですよ。金曜日に徹夜したのが響いているのは勿論、最近、土日は不動産の開拓と平日も常に頭を回転させられる機会が多く、休む暇がありませんでした。

休む時間をしっかりと取ったりリフレッシュするという概念が私にはあまりなく、過去においても基本的にかなりストイックな生活をずっと続けていました。結果的に何とか資産を形成することに成功したわけですが、もし、何も築き上げることが出来なければここでブログを書いてることもないでしょうし、他のブログを見ることもないでしょう。

双極性障害Ⅱ型はメンタルで落ち込んでる時期が圧倒的に多くて、躁状態のときはかなり短い期間だけ発生します。この短いチート状態のときに鬱状態のときに色々悩んでいたことや、こうすればいいのではないか?リスク対策をもっとしないと。いや、攻勢に転じるべきだとか、頭でぐるぐる考えていたことを、躁状態でスパっと決断して動きます。

上記のパターンのときはかなり綿密に時間をかけて情報収集して、実行してるので成功するときが多いです(あくまで私の経験談)しかしながら、残念ながら私自信の力でコントロール出来ないのが双極性障害Ⅱ型。(Ⅰ型は相当やばい多分私も予備軍だったと思う)鬱状態が永遠と続き、元気になったとしても速攻で鬱へ。こんなことがざらで、すべての計画を断念しなければならない状態へなることがほとんでした。

太陽光発電の事業ではこの病気は致命傷で、時間とともに太陽光発電の優位性が確立されて情報が浸透すると不動産を仕入れるのが困難になってきた。そうすると知識と能力とお金があっても何も出来ない。しかも時間だけは無常に経過して後悔の念が押し寄せてくる。当然、この状況でもFXと株など取引きを続けているので、数千万を毎回動かしてると精神が不安定になる。

上記のようなループを永遠と繰り返して、かろうじて太陽光発電を現金で3基保有するという、本当はもっと欲しいし、やりたかった。というか私なら簡単にもっと一杯買えた。でも病気で出来なかった。現金保有という常識から外れた答えを私は選ぶことになりました。消費税還付制度で一気に畳みかけるなど定跡を踏めなかったのも痛いです。

・・・(´・ω・`)???

(゜-゜) どうしたものか?うまく文章を構成しようと書き始めましたが、今回はうまくまとめれません。勢いで書こうとおもいましたが、何が重要で、どこをどう改善すべきだったのか、色々要素がありすぎて書ききれないと思いました。

キーポイントを書くのは簡単かもしれませんが、その背景にどういったことが発生してたのか?中身をしっかりと書かないと上っ面だけだと理解できず、自分の状況でどうすれば良いか?参考にならないかもしれません。すでにネットに書いてあることを書いても意味がないような気がしますし。

あくまで私の状況だとこうだった、こうすれば良かった。など対策を書いていこうと思います。ある程度、能力があって(過去の知識のストックがある人)、資金もある。でも動けない。そういったかなり狭い人をターゲットにする謎なブログ内容になるでしょう。

ただ、双極性障害になっても絶望する必要はありません。何かしらの手段を講じて、最善手に近い手を放ちます。そうすると評価値がどんどん上昇して逆転出来る可能性があります。将棋の例を出していますが、双極性障害や障害を持っている人はいきなり評価値が-3000程度位置(-9999で負け)でスタートすると考えていいでしょう。

何が言いたいかというと、最初の時点でかなりの評価値の振れ幅があり、マイナスに傾くほど、立て直しが困難になるということです。これは資産を形成する上で普通の人はゼロからスタートして9999の評価でほぼ勝ち(頓死も当然あり)財産ある人は評価値3000~9000とか色々あるかもしれません。

あくまでわかりやすいように数値で具現化することで、病気でない人にも少しは伝わるかもしれません。・・・え?分からん?何言ってんだこいつ(´・ω・`)?んじゃ今度は競馬とか麻雀で例えましょうか?

話を戻します。グラフを描くと比較的安定した放物線のような曲線を描いてうまくスパイラルアップ出来てゴールが普通の人ですが、双極性障害の人などは金融だとリーマンショックのような衝撃が襲います、もしくは東日本大震災のような大災害が心の中で発生すると表現するのは不謹慎かもしれませんが、そんな感じです。そういった感情の振れ幅がある中で、社会に戻らないといけない、お金を稼がないといけない、生活をしなければならないと。周りからはその人に何が起きてるのか全く理解できないでしょう。

ここで心療内科、カウンセラー、働いてるなら産業医、同じような病気の人(立ち直って成功した人)、などアドバイザーが必ず必要になります。知識のない人の意見やアドバイスは非常に高いリスクが発生します。両親や親友、恋人、パートナーの意見だとしてもここは聞き流して、病院にいってプロフェッショナルの人と最初に真剣に相談するべきです。そこから、両親、親友、恋人、パートナーに冷静に現状を話して協力してもらう。これが最初に取るべき第一歩です。

放置するのが最悪のパターンで薬を飲まなければ安定しません。眠れない時の補助として睡眠薬も必要です。生活リズムが一番大切です。しかし、双極性障害は生活リズムがうまく整いません。私も当然、こういう状態なので投稿時間がおかしいのです。そういった中で会社にも行く必要があるので、凄くしんどい。調子を崩す。など負のスパイラルになりやすいのです。

病院にいって、適切な治療を受ける、セカンドオピニン、カウンセリング、休職の手続き、休職したときの休職手当、自立支援医療制度の活用、ゆっくりと休める環境。最初の最前手は上記のようになります。この時点で私自身が冷静になる必要があります、突き進んで勝手に独断行動をとるのは最悪です。もちろん、相手の意見に聞く耳を持たなくなる状況や冷静になれない状況に陥っています。はい、私もそうでした。激しい焦燥感、葛藤、苦悩、頭痛、ボロボロの状況で冷静に行動するというかなり矛盾する状況で、最善手に近い対策の一手を打つ必要があります。

わかってても出来ない、理解しているのに出来ない。この対策をしてからも苦行が続きます。なぜなら双極性障害Ⅱ型の再発率は90%近く、私は100%です。次々に色々なことをやらかして私自身が壊れていくのが自分で理解できるレベルで発生します。

そういったときにどうするべきかを今後書いていこうと思います。内容はあくまで私に起きたときの事例で、どう対策して解決したか?失敗したか?成功したか?

いずれにせよ、上記の流れで言いたいこと、すべてにおいて共通点を書きます。

結論は先延ばしにしてすぐに決断しない。とりあえず休む。考えるのを一旦放棄出来る環境を作る。回復してから考える。症状が落ち着くまでとにかく待ちましょう。焦燥感半端ないときに上記をするのは苦行であるのはわかります。

しかしながらあえて書かざる負えませんでした。私がこれを出来なかった結果、とんでもない大損(-2400万円程度)を叩き出しました。ここから病気のことを産業医ですら理解していないのか、今思えばどう考えても主治医の判断も微妙だったと事態が発生します。え?病院行けって言ったじゃん!嘘つき!!と言われるかもしれません。しかしながら時代の進歩で何が最善なのか優位性が高い対策はどんどん変化します。私の時は情報が足りなく、対策不足でした(2011年度前)。はい、ここでうまく体制を整えてうまくいくかのように思いました、しかしながら私には多大な負担がかかっている状況で我慢してやっていましたが、会社の人事の異動で崩壊することになります。これもまたしっかりと書きます。

この過程と心境もしっかりと書きますが、私の二の舞にならないように、まずは冷静になりましょう。そして、相談する相手を間違えないようにしましょう。

一つだけ、最後に書かせてください。この地獄のような過程で、常に最高の対策は人によって全く違います。正直参考にならないかもしれません。しかし、私はどのような環境下でも逃げることはしませんでした。結果的に打ち破れてボロボロになる。そんなことを繰り返してました。途中で転機が訪れて、現在のように比較的裕福な状況になっていますが、常に努力して、これが良いだろうと試行錯誤しながらやってきました。無駄なことも多く、それが良いのか悪いのか?今となってもどうかはわかりません、そういったことも無駄なように見えて将来役に立ったなど、今は無意味にみえても将来の布石になったことなど書きたいですね。

長文申し訳ないです。ここまで読んでくれた方に幸あれ。

双極性障害で苦しんでる方々、寛解された方いかがお過ごしでしょうか?

夜分遅く、失礼します。今回は双極性障害の皆様にフォーカスを置いて代表してあいさつさせていただきます。

皆様、本当に病気苦しいですよね。躁状態の時は私は神だ!!!となるかもしれませんが、まとまりのない思考、突拍子もない計画性のアイディア、様々な発想が出て来て良い部分もあるかもしれません。

しかしながら上記のような成果物は大抵はゴミで、他社から見たら支離滅裂で価値のないガラクタとみなされてしまいます。こうならないように自分の考えをしっかりと整理して、理路整然と説明して、どのように問題を解決できるかを自分で考えて行動しなければなりません。

お金遣いが荒くなったり、暴言を吐いたり、突拍子のない行動、冷静な判断が出来なくなることが多くなるので周りで支えてくれる人がいればサポートをしてもらう必要があります。

私の場合ですとカウンセラー(月3300円位の出費)、主治医(自立支援医療で薬合わせて月2400円程度)、産業医(無料!!)など最低限の防衛手段はとっており、最悪な事態にならないように気を付けています。
カウンセラーは正直どうしようか悩んでいますが、FX、株、太陽光発電の投資をしていたときにどのようにストレスを低減するか?家族の問題とどうやって向き合っていくか長い付き合いになっていることもあり、回数は減りましたが、月1回にしました。

何もできず、体がまったく動かなくなってしまったときは休むしかありません。本当に力が出ずに布団で寝てすごす日々を暮す人も多いと思います。時間の経過とともに回復するかた、いつまでたっても立ち直れない方、もはやそれどころではなく、旅立たれる方。様々だと思います。

再発率が非常に高いこともあり、必ず薬を飲み続ける必要と、規則正しい生活リズムが必要になります。
私も最近生活リズムが乱れて来て、なかなか難儀な展開が進んでおりますが何とか仕事には出向いてやっています。

これからどうやって生活していこう、もうお金なくて詰んだというわけではない私はまだ恵まれているのだと思いますが、なぜ、私がある程度成功出来たかなどこのブログを通して学ぶところを見つけていただければ幸いです。

↓ここから睡眠薬の効果で記事を書いた記憶が全くありません。

私は投資家としてうまく立ち回ることが当然であり、一つの分野に集中して何か不測の事態が発生したら取り返しがつかない事態が発生します。健全なバランスシートとポートフォリオをしっかりと組んで資産形成に努力することが重要だと思います。

↑しかしながら、記憶が全くないにも関わらず、的を得たベーシックストラテジーに乗っ取った普通の平凡な意見を書いていると思います。

この文章を書いて投稿してたところで意識がなくなったのか、椅子に座ったまま寝てましたww4時位に起きて、布団に入ることなく力尽きたことを意味することに気が付きました。こういったこは過去に何度もありました。なので双極性障害に関わらず睡眠薬を飲んでる人に注意したいこともブログを通して書こうと思います。

双極性障害の恐ろしさと不動産投資(リスク大)

結論から言うと双極性障害になったら人生が終わるレベルで大きく生活が狂うことになる。今日は不動産の下見をする日にも関わらず、目が覚めたのは不動産会社からの電話で起こされる・・・
➡買付を打診されてるかたがいたので、今回は諦めました。

調子がわるいときに判断をするとろくな結果がでないので・・・目覚ましを普段15回程度かけて寝てるのだが(目覚ましかけても起きれないときがあるため)、最近調子が悪いこともあったためか、生活が不規則となり起きることが出来なかったようだ。

普段の生活において、仕事をしている人にとっては定時に起きて、普通に仕事して・・・ということが病気になると出来なくなるときが多くなる。休職➡復職を7回ほど繰り返して、私の場合吐き気が凄くて一日に何度も嘔吐する症状があった。通算ゲロ数は驚きの1万回以上。胃カメラで調査するも異常はなし。

ではどのような時に吐き気が出たか?

太陽光発電で2000万お金を使ったとき、FITと改正で太陽光発電工事が伸びまくってパネルが廃盤になって1年以上待たされる状況になったとき、不動産の売買契約をしたとき、株で信用全力で1億近くポジを持った時、決算ギャンブルで1000,700,400,250万円負けたとき、株で2200万勝ったとき、FXの雇用統計前、5分で100万負けたとき、中国株で2000万以上損失を出したとき、FXトレードバトルランキングで全国10位以内を4か月キープしたとき、東日本大震災が起きたとき、日本政策金融公庫からお金借りたのにお金を返すだけで収入が微妙な感じだったとき(この結果お金を全て返してしまい、貯金が450万しかなくなりましたが、そのあと株で増やして成功・・・結果オーライ?)、面倒な上司や面倒な人たちと話さなければならないとき、夏の暑い時期に除草作業を一人でやってたとき(現在は防草シートざばーん350Gを設置して特にやることなくなりました)。

つまり、心的に大きな負担がかかるときに症状が出ることが多く、しかしながら何もしてないときに自転車こぎながら吐くときなど多々ありましたが、それはポジションを持っていたり、常に頭の中で考え事をすることが多く、投資、仕事のことなどで頭が痛いときが多かったからだと思う。

まあ、そんなわけなのに不動産に投資をするという本末転倒的な状況に自らダイブしようとしているわけですが・・・皆様のお力を借りつつ、少しずつ知識を手に入れて成功したいと思っております。

・・・今日は不動産の営業の方々、ほんまに申し訳ないです。結局一日ぐったり寝て過ごして終わってしまいました(´・ω・`)

今まで幸運(投資をしたときに期待値が跳ね上がる時期と被ったとき)に恵まれてうまくやってきましたが、ラッキーパンチが何度も当たるわけではないのでこれからの投資をする上で、病気とうまく付き合いながらやっていきたいです。

カウンセリングに行ってきた!今後の投資方針など

最近睡眠サイクルが崩壊して調子が悪かったので一か月に一度のカウンセリングに出向いた!
現状で会社の仕事が自分に合っていない状況で色々な事業をしているので、やりたいこととやりたくないことが混ざっている状況が続いているのでメンタルが安定しにくい。
自分のやりたいこと、今後の数年後の方針、家族(両親、兄)のこと、明確なビジョンなどがあれば良いが、現状で太陽光は変革期、FXと株からは撤退、不動産はやり始めたばかりと・・・

働かなくても何とかなるレベルなのだが、そういった方向で考えたことが皆無で常に何かをしていないと落ち着かない・・・いや、機会損失を恐れる傾向にあるので、勝ちに行ける投資はリスクヘッジをしながらでも逃したくない。

時代とその時の情勢によって期待値が跳ね上がる投資が出てくるのは、優位性が確保出来て再現性がある事業投資があるからだ。勿論トッププレイヤーよりリターンは落ちるが、そこまでのリターンを得なくても長期の目線で見れば資産は確実に増えていく。

明日は不動産の内見をする予定だが、前日寝れなかったので熟睡してたら不動産屋からの電話で起こされました。
水準器、レーザー機を忘れないようにしないと・・・前回袋に入れてそれごと持ってくるの忘れたのでw