双極性障害Ⅱについて(本題編2)

リーマスを飲んでる人へ編

双極性障害の救世主、リーマス、これが無いとマジで死にます。冗談抜きに自殺予防をする効果は十分にあります。躁状態を防ぐ点で大きく貢献してくれました。まあ、当の本人は躁状態ならハッピーで矢でも鉄砲でも持ってきやがれ状態になれます。うまくいくことが前提なら放置してたら幸せなまま、人生を終える可能性があるかもしれませんね。まあ、残念ながらその躁状態は突然終わりを迎えるので、そんなわけもなく適切な治療が必要なのです。

リーマスの副作用で私に起きていたこと(薬の影響かどうかは明白ではないです、あくまで私に起きた状況を書きます。)

・手や足の震え(寝ているときに横になって寝ます、足が尋常じゃない動きで震えます。手の震えは昔トランプタワーを作るのが大得意だったのですが、もう作れません。レーザーポインターを持たせたらブルブルでまともに文字を追うことは不可能です。アル中の人みたいな感じですかね、体全体の震えは寝てるときにいきなり全身震えて起きるとかありましたが、これは睡眠薬なのか何なのかよくわかりません、筋肉痙攣などは一度こむら返りが起きましたが、これも寝てる最中に起きましたが因果関係は不明です。)

・吐き気(リーマスの影響かどうか不明ですが、FXと株、会社にいたとき、何もしてないとき、ストレスがかかっているとき、友達と遊んでるとき、SEXしてるとき、すべての条件下でありとあらゆる事態で発生しました。マジで恐ろしいです、この症状のせいで女性と付き合うのが無理になりましたね、吐いたらどうしようとか恐怖観念を持って突き合う(正しい変換)わけですが、もう気持ちわるい吐きそう、マジ無理。となってました。ちょっと何言ってるか意味わかんないと思うかもしれませんが事実なので書いてます。ここらへんをリアルにネットで書いてある文章が見つからなかったので、自転車こいでて吐く、歩いてて吐く、車に乗って吐く、電車に乗って吐く、すべての道は吐くへと続くとなってました)

・倦怠感(文字通りやる気ゼロ。薬の副作用が不明、倦怠感など双極性障害になる前は風邪をひいているとき位でしたね。それ以外によほど疲れているとき以外は発生しませんでしたが、今は当たり前のように毎日倦怠感に包まれています。)

・のどの渇きと多尿(私のお金を蝕み、虫歯になる原因。とにかく喉が渇きます、私の場合毎日コーラ500ml、ピルクルの微炭酸500ml、ポカリ500ml、果物野菜ジュース、その他甘いものを飲む、夏は外で作業したりすると9リットル位飲んでました。はい、調子崩して当然ですよね、というか未だにカブカブ飲んでるので何か将来影響があるかも。トイレに行く回数も尋常じゃないのと間隔も30分くらいでトイレと謎の現象、映画見れません、ええ、はい。2時間トイレに行けないなど正直考えられず、え?おむつ付けて見ろってこと?って感じでした。障害割引使ってもみようと思わないですね、途中でトイレに抜けて、え??話どうなった???ってなってました。飲むの我慢しろよってことですが・・・無理です。)

・複視(そのまんまです、一つのものが二つに見えます。運転怖いですよね?これスマホ見てるときとか意識が途切れてるときに起きる気がします。運転してるときに出たことはないですが、集中してるかそうでないかみたいな感じで思ってますが、車持ってない一つの理由です)

上記がリーマスを飲むようになって起きたことでしょうか?これだけの色々な副作用があるかもしれませんが、それでも飲まないと躁鬱の起伏が激しくなると大規模な破綻を引き起こす可能性があります。うつ状態は危険ではなく、躁状態のときにかなりリスクが発生するので、気分の波を抑える薬として飲んでいます。その他の薬を試しましたが、ラミクタールは蕁麻疹、その他の薬は・・・覚えてません。全部没になりました、お薬手帳は躁状態のときに捨ててしまいました。まあ、それ以外にも捨てたらダメな物を躁状態のときに捨てたりしました。というか破壊とか自傷とか色々ありましたね。書いてたら本当にきりがないですねww

まあ、大体読んでれば分かると思いますが、この状態だと将棋の評価値で言えば-3000点くらいでしょう。もはや、挽回の余地はありません。しかし、私の場合は知識のストックと残されたマネーがあったのでかろうじて復活することが出来ました。 再現性をつくりたいですが、私の再現性しか書けません。お金がない状況、スロットとかで異常に稼げる状況、相場で簡単に稼げるとき、そのときの状態で私にたまたま合っていた。それだけです。ただ、上記のような症状が起きますよ~対策はしてくださいね!という注意喚起は出来たと思います。

え?対策はどうなった???ねーよ。あったら苦労してないから。皆同じように苦しんでるので、なった人は苦しんでください。まあ、敷いて言うなら何もせずに生活保護、障害年金をもらいながらストレスない環境で過ごすとかですかね・・・正直分かりません。 障害者手帳を持っているということはそういうことなのです、障害があるから手帳をもらえるのです。障害がなければ税金の優遇も受けれませんよね?

上記の代償として、障害年金(私もらってないんだが・・・というか貰えないんだが・・・)などわずかなサプライズプレゼントがもらえるわけです。まあ、バスの無料とか、その他色々ありますが私にとってはどれも不必要なものです(障碍者控除は欲しい。助かってる。)障害者手帳と自立支援医療制度、障害年金(障碍者手帳が何級だから障害年金が何級とかもないです。医者の診断書で全て決まります、ここでも相当慎重に申請する必要があり、精神疲弊してる人にとってはハードルが高いでしょう。行政書士など代理で頼むか、自力で頑張るかなど、医者の協力が不可欠です。)まあ、ここでもどう考えても障害年金もらえる人でも申請しなかったり、病気の種類によっては却下などあります。

はい、意味不明です。弱者に容赦ないです。余裕で56しにかかります。 とまあ、こんな感じで病気になったら人生がTHE END 評価値が-5000点位一気に傾く最悪な状況に陥ることもあります。自分の身は自分で守る、逃げるときはとっとと逃げる、仕事なんかどうでもいいのです、あなたの代わりはいくらでもいるし、会社から見てもいてもいなくてもどうでもいい存在なのです、その程度で考えてやばい事態なら逃げましょう。

昨日から書き始めた双極性障害シリーズは、昔の私に向けるメッセージのようなものです。多分これがあれば相当救われたのは間違いないでしょう、当然ですがwwつまり、今苦しんでたり、今後苦しまれる予定の方々(このブログが継続すること前提なら100%このブログにたどり着く)がここに来るかも知れませんよね? 見てる時点で正直、心中お察しします・・・になりますが、強く生きてください。もう死にたいという気持ちもわかりますが、何とかこらえてください。身内ならありとあらゆる手段を使って病院に連れて行ってください。このブログ見せたらこいつヤバい、俺も似てるかも。となるかもしれません。というエピソードを書いていきます。

分けわからん状況に陥ってそのまま来世みたいな事態は避けて下さい。パニックならデパスを飲みましょう、眠剤飲んでとりあえず寝ましょう。とにかくあなたは疲れてるので早急にすべてのことを考えるのをやめて適切な薬のんで休んでください。何もしなくていいのです。それがあなたの最善手です。 しばらくしてから行動できるようになるかもしれません、出来ない人はもう少し待ちましょう。それでも動けないなら、障害者手帳など、障害年金の準備を誰かにしてもらいましょう。 誰かに助けを求めて、見当違いな答えで混乱することもあるかもしれませんが、あきらめないでください、きっとどこかに答えを出してくれる人が必ずいます。 何が正しいか正直よくわかりませんが、一生懸命書きました。

by 未来の私より・・・追伸、やっぱりお前はすげーよ、結局成功するんだから。あんなに苦しい状況でも諦めずに歯を食いしばって(本当に奥歯の歯がガタガタになるくらいかみしめてたww噛みだこが出来てたしなww)やってたもんww。お前がナンバーワンだ。

震える手でまたまた後悔ボタンを押すことになります。ええ・・・はい。何だろう・・・これ罰ゲームか何かかな?

“双極性障害Ⅱについて(本題編2)” への1件の返信

  1. この世の悩みの大半は、判断の根拠となる知識が十分でないのに、あえて判断を下そうとするから生じる。

    誰でも時間の許す限り、公平な客観的立場で事実を集めることに専念すれば、普通の場合、悩みなど知識の光によって蒸発してしまうだろう。

    by ハーバート・E・ホークス(コロンビア大学学長)

    冷静になりましょう。マジで。ガチで。卍で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA